FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アケビ

 

久しぶりに近所の公園に行ったらアケビの木にたくさん実がついていました。

image8819102.jpg

 

                 1個くらいもらっても・・・・・・・・・・駄目?

 

           花は4月に咲くらしいので来年は撮ってみたいと思います。

アメリカチョウセンアサガオ

 

皆既月食・・・・・・楽しみにしていたのに関東では雲が厚くて見ることができませんでした。

次は3年後らしいです・・・テレビでじゃなくて実際に見たかったよー・・・。

 

昼間、娘と買い物に行ったときに撮ってきました。

image3222736.jpg

 

茄子(なす)科の植物でアメリカ、メキシコ北部地方原産です。

朝鮮を経由して日本に入ってきたのでこの名前になったのではないか・・・ということです。

葉、根、種子に毒があります。(おう吐、瞳孔散大、呼吸の乱れ、けいれん、呼吸困難など)

根をゴボウと間違える、つぼみをオクラと、種子をゴマと間違えて食べた事例があるそうです。

これとは種類が違うようですが、華岡 青洲が作った麻酔薬は朝鮮朝顔からできたそうです。

 

ちょっと調べてみました。

 

紀州の蘭学医 華岡 青洲(1760~1835)が朝鮮朝顔と烏頭(うず)など6種類の薬草を調合した

「通仙散」という全身麻酔薬を完成させた。しかし、完成には人体実験を申し出た母・於継と

妻・加恵の協力があってのことで、妻は数回の実験で失明したと伝えられている。

その通仙散を使い1804年世界で初めての乳癌摘出手術に成功している。

その後76歳で亡くなるまでの30年間で、乳癌手術だけで153例成功させています。
現在の「日本麻酔科学会」のマークはこの花です。・・・・だそうです。

 

映画やドラマにもなっているので有名な話ですね。

 

ここって小学生の通学路だから、危ないんじゃないかなぁ・・・・・

オシロイバナ

 

image5687070.jpg

 

メキシコ原産で江戸時代に渡来しました。開花時期は6月末から10月末頃です。

夏の午後四時頃から咲き始めるので、別名ユウゲショウ(夕化粧)、英名フォーオクロックと

呼ばれるそうですが、秋になると午前中から咲き出すらしいです。

江戸時代にオシロイバナの実をつぶし、その中の澱粉質を白粉(おしろい)代わりに用いた事が

貝原益軒の書にあり、そこから「白粉花」という名前になったのではないかと言われています。

 

                    花言葉は「不思議な、慎重」

アスチルベ

 

例のごとく、旦那のおかあさんが植えていったらしい花が咲いていました。

 

image2061855.jpg

 

               虫がいそうであんまり近づけませんでした。

 

雪の下(ゆきのした)科チチダケ属の植物です。

たまたま今日、6月21日の誕生花だそうです。(誕生花と花言葉は資料によって全然違いますが)

                 

                 花言葉は「落ち着いた明るさ」

オニタビラコ(オニタビラコ)

 

草むしりをする前に見つけたので写真に撮りました。

 

image3863360.jpg image375654.jpg

 

 

                 花びらの先のギザギザが可愛いです。

 

植物の「鬼」は「大型」という意味で使われることが多いです。

コオニタビラコに似ていて大きいことからオニタビラコという名前になったそうです。

・・・といっても花の大きさは8ミリくらいしかないんですよ。

 

アメリカフウロ(アメリカ風露)

 

今の季節、空き地などに良く生えている草です。花の大きさはだいたい5ミリくらいです。

image9566112.jpg image5402273.jpg

 

フウロソウ科の植物で、下痢止めとして有名なゲンノショウコの仲間です。

北アメリカ原産で昭和初期に渡来しました。

 

薄紫色でとても可愛い花ですよ。種子の形が変わっているのですぐに分かると思います。

オジギソウ

家にあるオジギソウの花が咲きました。ピンク色で可愛らしい花です。

 

 

オジギソウ

葉が閉じるのが面白くて、出掛けるときにいつも「チョン」と触ってしまいます。何回見ても素早くて

面白いんですよ。

オニバス

この前行った古代蓮の公園にはいろいろな水生植物がありました。

そこで初めて「オニバス」の花を見ました。

 

オニバスは絶滅危惧種に指定されているらしく、今ではとても珍しいもののようです。

 

 

オニバス

葉や萼、果実など、全体に棘があるのを鬼にたとえたそうです。葉は大きいものは2メートルもあります。

 

これは使わなくなった風呂桶の中で栽培されていました。(オニバスの池もありましたが)

 

それを見て、うちのとぼけた旦那が「これが本当のオニバスだな・・・」とほざいておりました・・・。

ウォータークローバー

ホームセンターの園芸コーナーにこんなものがありました。

 

 

ウォータークローバー

シダの仲間でデンジソウ(田字草)といいます。水生植物なので睡蓮鉢の中に沈めてみました。

日本原産のデンジソウは絶滅危惧種らしいのでこれは外国産のデンジソウだと思われます。

 

全部四つ葉なんですよね・・・最近四つ葉のクローバーが中に入っているキーホルダーなどが

売っていますが、あれはこの草を使っていることが多いそうですよ。

そう思うとありがたみが薄れますね・・・。

時計

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

ポストマン

新潮文庫の100冊

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。