スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈下橋

茨城の小貝川に架かっている「小目沼橋」です。

沈下橋というのは、低水位の状態では橋として使えるものの増水時には
水面下に沈んでしまう橋のことをいいます。

沈下橋の特徴として、橋の上に欄干がないか、あってもかなり低いもの・増水時に
取り外し可能な簡易的なものしか付いていないことがあげられる。
これは、増水時の橋が水面下に没した際に流木や土砂が橋桁に引っかかり
橋が破壊されたり、川の水がせき止められ洪水になることを防ぐためである。
また、壊れても再建が簡単で費用が安いという利点もあり、実際に流されることを
前提としている例もあり、これらは「流れ橋」などと呼ぶ場合がある。
                                 (ウィキペディアより)

164.jpg

              夕日がまぶしくて逆光になっちゃってますね・・・

147.jpg


時代劇の撮影に使われたことがあるそうです。

欄干がないので、釣りをするには良いですねー。


連休中は、千葉の佐倉や埼玉の川越で、今やっている戦隊ヒーロー物や
ライダーに出てくる建物を見たりしたのですが・・・
たぶん番組を見ている人にしか分からないと思うんですよねー。

ネタがなくなったら載せてみようかな。

スポンサーサイト

よく出来てますね

わぁ~!
長くて渡るのが怖いみたいですね~!
魚釣り出来るのはいいですが・・((´д`)) ぶるぶる・・

「今やっている戦隊ヒーロー物やライダーに出てくる建物」見たいです~ヨロシクね。

うわぁ

趣のある橋ですね!
自転車で渡ったら怖そう^^;

ぜひ

渡ってみたいです。でも手すりなどがないし結構長そうなので、ドキドキしそうです!
夕日が綺麗で、額縁に入れて飾りたい写真ですね。

NoTitle

(゜ー☆)(。_☆)(゜-☆)(。_☆)ウンウン
小貝川って,氾濫することで有名だったから(´ェ`*)ネー

NoTitle

木造の橋、いい感じ…。昔、どこで渡ったのか忘れてしまったけれど、欄干(ガードレール?)の無い石の沈下橋を車で渡ったことがあったなぁ。ものすごく怖かった…。まだ運転初心者だったので、手に汗をにぎってた。
こんな所で、ぼくも釣り糸垂れたいナァ…。

NoTitle

ちょっとわたるのが怖いですね。
でも、絵になるステキな橋。
一気にわたるのがいいのか、ゆっくりわたるのがいいのか?

NoTitle

 なかなかの「川っぷり」です。そしてこの沈下橋が、非常にマッチしています。究極に実用性を追及した形状なのでしょうが、それが一種の風情を感じさせている気がします。

沈下するかなー

関東にも沈下橋ってあるんですね!
四国だけかと思っていました!
木製っていいですね(^^)
ギリギリで、渡ってみたーい♪
Secret

時計

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

ポストマン

新潮文庫の100冊

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。