スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の匂い

昨日、久しぶりに雨が降りました。
そしてこれまた久しぶりに「雨が降りそうなときのニオイ」と
「降っているときのニオイ」を 感じることができました。

気になったのでちょっと調べてみました。


雨の匂いのもとは二種類あると考えられています。

【ペトリコール(ギリシア語で「石のエッセンス」の意)】
これは地中の粘土で、植物が土壌に発する油を含んでいます。
相対湿度が80%に達したとき、鉄分と反応して雨の匂いを発散させます。
これが雨が降る前の匂いです。
雨が降り始めると油は流されて、匂いは無くなってしまいます。

【ジオスミン(大地の匂いの意)】
カビ臭の原因物質です。 土壌中のバクテリアや、水中の放線菌又は藍藻類の
ある種のものによって生産される物質で、 非常に微量でもかび臭を発散させます。


降り出す前に感じるニオイはペトリコールのほうなんですね。
うまく言えないんですがなんとなく郷愁を誘うニオイなんですよ。

小学生のころに外で遊んでいるとあのニオイがしてきて「雨かな?」と
急いで家に帰ると本当に雨が降ってくる・・・
当たった時はなんとなくうれしかったものです。

雨が降っているときや、庭に水を撒いたときにするニオイはジオスミンってことですね。
大地の匂いとはうまく言ったものです。

アリストテレスは雨のニオイのことを「虹の匂い」と言ったそうです。
なんと詩的な・・・かっこよすぎる。
スポンサーサイト

No title

こちらは、今年になってからも雨が降らないので

乾燥しきっています・・。

地面も、土ぼこりが舞い上がって!

雨の匂い・・・

そういわれれば、カラカラになった土地に

水撒きした時、何とも云えない匂いのするのを

感じます・・・正にジオスミンなのですね。

さすが「虹の匂い」は哲学者ならでは!

この年になって、勉強させていただきました。<m(__)m>

No title

雨の匂いにも素敵な名前が付いているのですね。
Secret

時計

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

ポストマン

新潮文庫の100冊

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。